普段の髪ケアが重要

当サイトでは、髪のパサつきに関する内容について紹介しています。髪にパサつきがあると、髪を触ったり鏡を見るたびに、嫌な気持ちになってしまいます。髪ケアに普段から気をつかっていても、改善できないとお困りの方も多いと思います。ここでは髪のパサつきの原因について紹介します。

髪のパサつきの原因として、髪の洗い方や乾かし方が間違っていることが考えられます。頭皮に爪を立ててゴシゴシこすり、過度に力を加えてシャンプーをすると、頭皮や髪が傷んでしまいます。濡れた髪はキューティクルが開いていて水分が流失しやすいため、シャンプー後に自然乾燥をするのは良くないと言われています。髪は紫外線を受けて乾燥するとキューティクルが開き、剥がれてしまうので、乾燥や紫外線対策をしていないと髪がパサついてしまう原因になります。パーマやカラーリングのやりすぎも、刺激の強い化学薬品によってキューティクルが剥がれてしまうので、パサつきの原因になります。また、食生活の乱れや睡眠不足など、不健康な生活もパサつきの原因になります。過度なダイエットやバランスの悪い食生活をしていると、髪に必要な栄養素が不足してしまいます。髪は頭皮から生えるものなので、頭皮の血行が悪いと毛根に栄養が行き渡らなくなるため、髪がパサついてしまいます。ストレスや更年期などの影響で女性ホルモンが低下すると、血行が悪くなるため髪が徐々に細くなって傷み、パサつきの原因になります。