シャンプーの方法

髪のパサつきを抑えるためには、髪の洗い方を変える必要があります。間違ったシャンプーのやり方だと髪を傷め、水分や栄養を失ってしまうため、髪がパサついてしまいます。正しい髪の洗い方としては、入浴前にブラッシングをして髪の絡まりをときほぐし、汚れを浮かして落としやすくします。シャワーの温度はぬるま湯に設定しましょう。熱いお湯だと油分を洗い流し過ぎるので、乾燥の原因となりますし、冷たい水だと汚れが洗い流しにくくなるからです。シャンプーをする前に、ぬるま湯で髪と頭皮をしっかりと予洗いします。予洗いをすることにより、かなりの量の汚れが落ちると言われています。必要以上の量のシャンプーを使用すると、必要な皮脂まで洗い流してしまうので、予洗いをすることによって使用するシャンプーの量を減らすことが重要です。

シャンプーをつける前に、手のひらでシャンプーを泡立てるようにしてから髪にのせます。洗う際には強くゴシゴシとするのではなく、髪同士がすれて傷まないように、指の腹で頭皮を優しく揉むような感じで指を動かしましょう。すすぎは、シャンプーが髪や頭皮に残らないように数分間かけて入念におこないます。シャンプーをした後は自然乾燥ではなく、きちんとドライヤーで乾かしましょう。